豊岡市 不妊症 睡眠で妊娠力アップ 東洋編

こんにちは。

豊岡市出石町のふじかわ鍼灸整体院、
院長の藤川です。

冬がやって来ましたね〜。
朝が超寒くて寒くて。

個人的に冬は苦手です・・・。

冬が来たということで
当院のベッドも冬仕様にしました!

妊活のグッズとして広く使われている
遠赤外線マットの
「サンマット」をベッドに装備。

これで体全体がぬくぬくで治療の効果を
助長してくれます^_^

画像の説明

さて、本日は前回の予告通り
「不妊症と睡眠の関係」を東洋医学の観点から
書いていきたいと思います。

不妊症で鍼灸院とか漢方とかを利用されたことが
ある方は一度は聞いたことがあると思います。

「腎」

じん。

腎臓のじん。

でも腎臓ではないです。

「腎」とは腎臓、膀胱の泌尿器系や生殖機能を含めた
全体を表します。

東洋医学では自然界を大きく5つに分類します。

例えば季節。
春、夏、秋、冬と季節の変わり目の土用

方角は
東、西、南、北、中央

1日は
朝、昼、午後、夕方、夜

色は
青、赤、黄、白、黒

など。

万事万象を5つに分類することができます。

分類する基準というのが
自然界のエネルギーの種類です。

木、火、土、金、水。

この5つのエネルギーのバランスによって
この世界は成り立っていると東洋医学では
考えてます。

このエネルギーの基準を元にして
自然界や人体を分別したものが五行色体表。

画像の説明

この表を見てみると
妊娠に大事な「腎」というのは、
水のエネルギーに属していることがわかります。

もっと見ていくと
人体では骨とか、髪とか、恐れなど。
自然界でいうと冬、夜、寒いとか、黒とか、豆。

この表の見方っていうのは、
分類だけではありません。

東洋の考え方は、「中庸」といって
何事もバランスが大事だと考えます。

極端はだめ。

過ぎるのも不足するのも。

良い加減が一番なんです。

表に書いてあるのも、
良い加減を基準に見てもらうといいかなと思います。

「妊娠には黒豆や納豆が良いよ」

とよく言いますが

このことは
この五行色体表から説明できます。

腎、黒、豆、全て一緒の分類です。
全て水のエネルギーが強いもの。

これを良い加減に摂取する。

妊娠に良いからといって黒豆や納豆ばっかり
食べたらダメですよ。

過ぎるのも不足するのもダメ。

そういう見方ができるんですね。

前置きが長くなりましたが
そろそろ本題に入ります。

「不妊と睡眠」

これもこの五行色体表からいきますよ。

腎と夜。
同じ水のエネルギー。

腎=夜=睡眠

つまり腎は夜に活性化します。
だから夜にしっかり睡眠を取る!

めっちゃ当たり前のこと。

でも時間帯が大事です。
午後10時〜午前2時位が
一番腎が活性化する時間帯と言われています。

だから10時には布団に入りたいですね。

早寝が腎を活性化、つまり妊娠力を高めるんです。

あと注意点がもう一つ。

寝る前はできるだけスマホはやめましょう。
せっかく早く寝てもマイナスになってしまいます。

早寝を心がけてしっかり
妊娠力を高めて行きましょう。

関連ページ

Tag: 不妊

不妊鍼灸をご希望の方は⇒こちら

ふじかわ鍼灸院のご案内

画像の説明

電話はこちらへ



LINE予約

※お子様連れの場合は、予約時に「託児お願いします」とお声かけ下さい!

a:1518 t:1 y:0

コメント


認証コード0256

コメントは管理者の承認後に表示されます。