S字の理由

こんにちは。
豊岡市のふじかわ鍼灸整体院、院長の藤川です。

出石初午のポスターが貼られています。
もう2月も残りわずか。
早く暖かくなってほしいものです。

今日は、腰痛について。

背骨の形は、S字カーブになっています。こんな感じ。

画像の説明

S字になっている理由

●頭を守るため
●腰にかかる負担を減らすため

もし、背骨がまっすぐだったら‥

歩くとき、衝撃がダイレクトに脳に行ってしまいます。
普通に立っていても、上半身の重みが腰に集中して腰が悲鳴をあげます。

S字は、バネの役目です。

衝撃を和らげたり、体重を一カ所に集中してかからないようにする役割を持っています。

このS字カーブが崩れる理由は、まさに生活習慣!

座っている時など特に、思いっきり背中を丸めて座っていませんか?

毎日このような姿勢をしていると、背骨君がこの姿勢を覚えてしまいます。

S字ではなく、C字になってしまいます。腰に負担がかかりそうですねー!

人間の体の構造は、本当に良く出来ています。それなのに自分で、それを壊してしまってるんですね。

もったないですよね。痛みが出るようになんて体はできてません。痛みが出るような姿勢、動きになってしまっているんです!

それに早く気付いて、姿勢を改善して行きましょう!必ず改善しますよ!

コメント


認証コード4559

コメントは管理者の承認後に表示されます。